UA-169608978-1

救いの証

私は、18歳の時に洗礼を受けました。

私は自分のことを「この世に神はいないとする人たちの代表となるべき存在だ」ぐらいのことを思っていました。

そんな私が教会に行こうと思ったきっかけは、高校3年生の夏休みの時に、家のベッドでごろごろしていた時のことでした。

それは本当に不思議で、誰かに「教会に行こう」とか「イエスを信じなさい」とか言われたのではなく、ふと「教会にでも行ってみようかな」と思ったのでした。 (更新日2020.7.6)

私の通っていた幼稚園が、キリスト教のプロテスタントの伝道所が運営していたこともあり、私の中で「教会」といえば、キリスト教のプロテスタントでした。私をその幼稚園に入れたのは両親ですので、何か情報をくれるのではないかと思い、母に聞きました。

「教会に行ってみたいけど、どうしたらいいか」と、突然何を言い出すのかと驚かれはしないかと心配をしながら、母に聞きました。すると、母は特に驚いた様子もなく即座に答えてくれました。「あなたのお姉ちゃん、クリスチャンだよ」と。全く知らなかった事実を突きつけられて驚きはしましたが、思い当たる節もあったので、その事実をすぐに受け入れることが出来ました。

ある私の誕生日の時、家に帰ると「誕生日プレゼントだよ」と言わんばかりに聖書が机の上に置いてあるのを見て、憤ったことがあったのです。誕生日プレゼントにせっかくお金を使うのなら、なぜ当人の欲しいものをプレゼントすることができないのかと、激しい怒りに襲われたことを思い出したのです。そして、聖書を置いた人が姉であったことに気づき(後に姉に確認したところ、覚えていないとのことでしたが、、、)、姉がクリスチャンであるという考えもしなかった事実を知ったのでした。(更新日2020.7.21)

その後のある日、友達数人と朝方まで遊び惚け、オートバイで田舎道を走っていた時のことです。私は、眠たいのと、景色がきれいなのとで前をしっかりと見ずに走っていたせいで、道の先にあるカーブに全く気が付いていませんでした。そのせいで、全く減速することなく、カーブに突入してしまったのです。私は体が宙に浮くのを感じました。どれくらいかわかりませんが、気を失っていたようでした。起き上がりまず目にしたのは、深い用水路にはまっているオートバイでした。私自身は、その用水路を飛び越え、草むらに倒れていたのです。私は自分に怪我がないことと、自分でオートバイを引き上げることが不可能であることを確信しながら、無意識に携帯電話を手にとり、姉に電話をかけて言ったのです。「教会に行ってみたい」と。

私は、日ごろから生きることに無気力で、いつ死んでもかまわない、むしろできるなら一秒でも早く死んでしまいたいと思っていたはずなのに、その時は生きていることの喜びを感じたのです。そして、その時に感じた自分の矛盾している何かの答えを、無意識で教会に求めたのではないかと思います。

当時、姉は札幌の教会に通っていたので、一人で札幌まで行き、姉に連れられ日曜日の礼拝に出ました。ですが、教会に行った時には事故の時のことは忘れ、初めて行く場所への緊張でいっぱいでした。自分が何をしに教会に来たのかを忘れ、礼拝中に歌われる賛美の曲を一つも知らず、聖書の話も理解できず、知らない人たちから投げかけられるたくさんの質問に疲れ、もう教会に来ることはないだろうなと思っていた矢先に、ある方が言ったのです。「毎週日曜日に札幌に来るのは大変だろうから、旭川の若者の多い教会を紹介してあげる」と。なんとお節介な人なんだろうと驚きながらも、その親切を受け取り旭川に戻りました。紹介されたからといって、必ず行かなければならないということはなかったのでしょうが、「紹介されたのだから一度は行って、きちんと感想をお伝えしなければならないのではないか」というよくわからない責任感で溢れました。そして、紹介者の好意に応えようという思いで旭川の教会に行きました。

そんな思いで訪れた旭川の教会で、私の求めていた答えが与えられたのです。         (更新日2020.9.23)

続く

Translate »